飲食店に必要な予約システムとは?

営業時間外や営業中で電話が取れない時でも予約を受け付けられる仕組みがベースとなります。空き状況の確認やキャンセルまでお客様がわからできると店舗の手間が省けます。

予約管理システムの各種機能について知る

予約の空き状況を表示できますか

空席情報と連動させておけば空き状況を直接表示できます。自動連係してくれるサービスが便利です。

複数店舗の予約状況をまとめて確認できますか

ほとんどの予約システムに複数店舗まとめて管理できる仕組みがあります。満席時のご案内もスムーズです。

予約状況を紙に出力できますか

紙台帳の出力が可能であれば、スタッフルームやフロントなど、どこでも予約状況を確認することができます。

来店いただいた方にメッセージを送れますか

来店何日後やお客様のお誕生日など特定条件を満たす方にメールを送る機能があるサービスが多いです。

広告を配信する機能はありますか

提供しているサービス会社は限られますが、機械学習を頼りに配信してくれる機能もあります。

ここさえ気をつけておけばよいという点とは

スマホとカード

便利な飲食店対応の予約システムを導入し、業務効率化や新規顧客開拓をしたいと考える経営者もいるかと思います。導入には色々なメリットがありますが、その際には気を付けておきたいポイントもあります。それが、導入しようとしている予約システムに不用な機能がつきすぎていないかという点になります。確かに、予約システムは適切なものであれば顧客にとっても店舗側にとっても便利ですが、機能がつきすぎているのも考えものです。例えば、店舗のポイントカード等が無い場合に、ポイント付与のシステム等があっても無駄になります。不要な機能があると操作が重くなる等の、不具合が起こる可能性が高くなる傾向にあります。導入しようとしている予約システムが、自分の店舗に必要最低限の機能を備えているか、オプションに余分なものは少ないか等という点に気をつければ、失敗は少なくできるでしょう。

近年導入が進んでいる要因は何か

店内

では、飲食店で予約システムの導入が進んでいる要因には何があるのでしょうか。その最大の理由の一つに、機会損失を減らせるという点があります。従来までの電話やメール等では、対応できなかったり、別のメールに埋もれる事で見落としたりする事が多くありました。予約システムを導入すれば、そうした事もなくなりますし、システムによっては予約があるごとにアラーム機能等があります。飲食店が多くある日本において、機会損失というのは一番恐れるべき要素です。その脅威を少しでも減らしていく事が、経営を上向かせるために欠かせません。

データ分析も容易に行えるという魅力も

パソコンを操作する人

単に業務の効率化や顧客満足度上昇だけでなく、データ分析も容易に行えるという魅力もあります。予約情報の蓄積をする事で、何時にどのような客層が多い等の分析も簡単にでき、それに対応したサービスの提供等も考え易くなります。飲食店予約総合サイト等との連携が出来るシステムであれば、店舗サイトとグルメサイトの客層の違いを見極め、それぞれのページにどんな情報を掲載したらよいか等という見直し業務もスムーズに行えます。現在の人気であれば、今後も飲食店においての予約システム導入は進んでいき、これまでにないようなものも次々開発されるでしょう。

広告募集中